ドア選びに役立てよう|注目されている玄関ドアリフォームの流れや施工の価格をチェック!|住宅改善の知恵袋
住宅改善の知恵袋

ドア選びからつけたいオプションまで情報満載!

人気ランキングで失敗しないドア選び

一口に玄関ドアと言っても種類も様々。どのようなタイプが我が家に合うのかがわかると選びやすくなりますよ。迷った時はリフォーム専門の業者からアドバイスを受けるのもありです。

最も選ばれているドアのタイプ

no.1

一枚のドアで形成されたドア

形で楽に開けられる片開きのドアは、ドアリフォームで最も依頼数が多いタイプになります。すっきりした印象を与える他、片開きタイプの方が価格が安い理由でも選ばれています。

no.2

片袖ドアで防犯対策ができる

一枚のドアで開けられるだけではなく、横に窓が形成されたタイプが第2位にランクイン。開け閉めできないものの、来客のチェックがこの窓で出来てしまいます。開かない部分には、おしゃれなパネルやガラス、格子にすることが可能です。

no.3

ドアが二つ付いている人気の親子ドア

大きな荷物を運ぶ時は断然親子ドアの方がいいです。また、小ドア部分を犬や猫の出入り口に使用するなど、幅広いシーンで活躍してくれます。また、小ドア部分をガラスにすることで玄関全体がパッと明るくなります。

no.4

より開放感を与えたいなら両袖タイプのドア

片袖ドアだけでも十分明るくできますが、より開放感を与えるなら両袖ドアがおすすめです。光が両隣から入ってくるので暗い印象をなくすことができます。ガラス部分をデコレーションするとまた違った印象になります。

no.5

両開きで引っ越しもラクラク

親子ドアが二つ付いた対応のドアは、タンスや冷蔵庫といった大きな荷物を運び出す時に便利だと人気です。両方で開けられるので開放感はどのドアよりもありますよ。

ドア選びに役立てよう

玄関

高断熱仕様で寒さをしのぐ

オプション価格が別でかかりますが、寒い地域に必要な高断熱仕様にすることも可能です。また、断熱性が高くなると枠やドア、ガラスの構造も異なります。まずは玄関ドアリフォームを手掛ける専門業者に相談をしましょう。特別な施工が不要な場合は、アルミ仕様の玄関ドアで安く施工ができます。

キー部分も変えられる

玄関ドアリフォームをするついでに行われるのがキー部分です。最近のは、防犯を意識したオートロック式が人気で、鍵をかける手間が省けるとの理由でも注目されています。操作が苦手な場合は、手動でかけるタイプのカギがおすすめです。

鍵は不要!?かざすだけで開け閉めができる

ホテルのようにカードをかざすだけでドアが開け閉めできるタイプがトレンドです。ボタンを押し、スマホや専用のカードをかざすだけの簡単な操作で、万が一鍵を紛失してもスマホやカードがあれば業者に開けてもらう必要はありません。複雑な構造をしているので、空き巣対策にも使えますよ。

手すりを付けて歩行を手助け

靴が散乱している玄関は、足元が暗いと転倒する可能性があります。特に足腰の悪い高齢者だとその危険性があります。これはお客さんの要望で生まれたサービスで、玄関ドアリフォームのついでに手すりを付けることも可能です。これで屈んだり歩いたりすることに不安を覚えることはありません。

段差をなくして出入りを安心安全に

枠を残し、新しいドアを取り付けた際にできる段差は、熟練の職人技を持つスタッフにより綺麗に修正することができます。段差がなくなれば、車いすの移動が楽になりますし、お年寄りが足を引っかけて転ぶ心配もありません。